池袋モンパルナス回遊美術館

池袋周辺エリアのアート関連情報をお届けします!

惑星つきのコミュウ

コミュウ、小宮りさ麻吏奈✴︎山本悠、地球
21/12/04[土]-21/12/26[日]
@ タリオンギャラリー
企画運営:タリオンギャラリー   エキシビション

展は、すべての場所に重力が存在することに基づいて、重力と波の関わりを一つの手がかりに、生命でありかつ非生物であるコミュウと、アーティストデュオである小宮りさ麻吏奈✴︎山本悠、そして太陽系の惑星である地球の三者によって提示されます。展示の構成 (協力:C2D) と鑑賞、 またその後の発展的展開のプロセスを通して、次の五つの主題について知見を得ることを企図しています。

(1) 生命は周期的な波の干渉である。
(2) 楽曲は生命である。
(3) 地球は生物ではない。
(4) 地球は人間を媒体として複製される。
(5) コミュウは物質によらずに複製される。

小宮りさ麻吏奈はパフォーマンス、映像、インスタレーションなど複数のメディアを横断して、 新しい生殖・繁殖の方法について自身の身体を起点に探索しています。植物や生体あるいは機械など、境界が揺らぎつつあるモチーフを取り込んで制作を行い、再建築不可能な土地に庭を作るプロジェクト「繁殖する庭」や、オルタナティブスペース「野方の空白」の運営、商店街の空きテナントで花屋の経営をする「小宮花店」など、多様な活動で知られています。山本悠は、下側が黄色く塗り分けられた紙を円筒形にまるめて渡すパフォーマンス作品「フリービール」 などで知られ、緩やかな筆致によるドローイングを様々な形態や用途に拡張しながら、ユーモラスで形式逸脱的な思考を展開します。山本によって描かれる図像は、見かけ上の愛らしさやおおらかさとは裏腹に、風刺的に事物の本質や情報を抽出すると同時に、イメージと記号に満ちた世界をただ遊泳し続ける自己の投影とも言えます。
本展の展示タイトルにも含まれるコミュウとは、周期的な波の干渉として物理的に存在し、タイムベースドメディアである生物の成り立ちにも深く関わります。コミュウについてよく調べると、生命と生物の違いや、数を数えることと言葉を話すことの差異などについても触れることになります。本展「惑星つきのコミュウ」では、コミュウと地球、小宮りさ麻吏奈✴︎山本悠 がそれぞれにお互いを不可分のパートナーとして、ギャラリーのフロアに水滴を落とすことから展覧会の探求が始まります。どうぞご期待ください。

小宮りさ麻吏奈 Marina Lisa Komiya
パフォーマンス、映像、インスタレーションなど複数のメディアを横断しながら「人類における新しい生殖の可能性」を自身の身体を起点とし て模索している。再建築不可の土地に「家のない庭」を作るプロジェクト「繁殖する庭」(2018-) やオルタナティブスペース「野方の空白」の運営 (2016-2018) 、「小宮花店」の運営 (2016-2017) も行う。
近年の主な個展に、「繁殖する庭」繁殖する庭プロジェクト名義、TOH (2021/東京)、「オペ ration;Ope レーション」縺薙∩山繧翫↑名義、IN SITU(2021/名古屋)、「-ATCG」TAV GALLERY (2018/東京)、「野方の空白」引越しのお知らせと地鎮祭の記録、野方の空白 (2018/東京) など。近年の主なグループ展に、「AIR2 SCG」BnA Alter Museum (2021/京都)、「Try the Video-Drawing」TAV GALLERY (2020/東京) 、「光光 DEPO」EUKARYOTE (2020/東京 ) 、「荒れ地のアレロパシー - 5人のキュレーターによる現代美術展覧会 -」MITSUKOSHI CONTEMPORARY GALLERY (2020/東京)、「超たまたま 17」小金井アートスポット・シャトー 2F (2019/東京) 、「REBORN ART FESTIVAL 2019」網地島 (2019/宮城)など。

山本悠 Yuu Yamamoto
1988年埼玉県生まれ。2012年多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。
イラストレーションを中心に、展覧会、出版物、広告、音楽作品などの分野で活動する。近年の主な発表に、角銅真実「Dance」のミュージックビデオや網守将平「パタミュージック」のアートディレクション、 砂山太一と浜田晶則の展覧会「鏡と天秤」のグラフィックデザインなど。
近年の主な展覧会に、「9 Posters (repost)」渋谷スクランブルスクエア14F プラスアートギャラリー (2021/東京)、「多層世界の中のもうひとつのミュージアム —ハイパーICCへようこそ」ICC (2021/東京)、「9 Posters」TALION GALLERY (2020/東京)、「Pangea on the Screen」Pangea on the Screen (2020/東京+神奈川)、「貫く棒の如きもの」TALION GALLERY (2019/東京)、「ポリネシアンからのモンゴリアン」TALION GALLERY (2018/東京)、「オオカミの眼」BLOCK HOUSE (2017/東京)、「ポリネシアンじゃだめですか?」TALION GALLERY (2017/東京)、「Surfin'」Surfin’ (2017/東京)など。

会 場
タリオンギャラリー   > HP
住 所
豊島区目白2-2-1 B1F
電 話
03-5927-9858
OPEN
11:00-19:00
月火祝休廊